安全に暮らすために|建築家に依頼して狭小住宅建てるメリットとは?

建築家に依頼して狭小住宅建てるメリットとは?

家
このエントリーをはてなブックマークに追加

安全に暮らすために

家

2×4工法がいい

近年、地震に強い家が求められるようになりました。大きな地震がわりと短いスパンで発生するようになったからでしょう。将来的に、大きな地震が発生するといわれている地域も多いです。地震に強い家の需要はますます高まるでしょう。そんな中、地震に強い家を建てるなら、2×4工法がいいという人が増えてきました。2×4工法の最大のメリットは、耐震性が高いことです。単純にパネルを組み合わせるだけと思っている人も多いですが、それは違います。2×4工法は、外から力がかかった場合に、それぞれの壁に力が分散されるように設計されています。地震はもちろん、暴風などの衝撃にもよく耐えるということです。工法にも目を向けてみましょう。

勉強しよう

地震に強い家をつくるには、さまざまな工夫が必要になります。最も大事なのが、地盤に対応した基礎をきちんとつくることでしょう。どんなに強度のある材料を使っても、基礎がしっかりしていなければ台無しになってしまいます。地震に強い家は、地盤が全てといっても言い過ぎではないでしょう。もちろん、耐力壁の確保も重要です。しかし、配置に工夫をしなくてはいけません。バランスが何よりも大切なので、偏らないように注意しましょう。また、耐力壁を最大限活かすには、床も重要になります。家にかかった力を逃すためには、床と壁の連携が必要ということを分かっておきましょう。安全に暮らしたければ、個人でもこういうことを勉強しておくことです。